ペットショップでの大変だった経験

子犬や子猫のエサあげ、排泄物の片付け、小動物のお世話、生体販売が主な仕事でした。
動物が好きなので仕事自体は苦痛に思う事もなく、人間関係など気にしないくらい毎日が楽しかったのですが、
やはり女性達の職場なので嫌がらせを受けたりして大変な思いもしました。

生体販売した頭数で順位が付けられていたので、接客を必死にしました。
しかし、お客様が買いそうになると私のところに店長が来て違う仕事を私に押し付け、販売数を横取りされてしまうということが何回もあり、
私の販売数にはつながらずいくらその他の仕事を頑張っても社長から”あの人は使えない”と言われました。

悔しくて悲しい思いもしましたが、私を指名して3頭飼っていってくださるお客様もいました。
動物たちは嫌なことも忘れさせてくれる癒しの力を持っているので、どれだけ人間関係がうまくいかなくても、楽しくやっていけたと思います。
引き渡しまでに1頭1頭愛情を持ってお世話をしたので、飼われていった子たちが遊びに来てくれた時、
しっかりと私を覚えていてくれて尻尾をブンブン振ってくれるのもとても嬉しい出来事の1つでした。

メニューを閉じる