気迫を感じるすごい戦いでした。

先日、9月にあるレスリング世界選手権の代表を決めるプレーオフが行われておりテレビ中継を見ていました。

注目は女子57キロ級の伊調馨選手と川井梨沙子選手の一戦。昨年末の全日本選手権では伊調選手が勝ち、今年6月の全日本選抜選手権では川井選手が勝っておりプレーオフとなりました。どちらの戦いも接戦で今回のプレーオフもどちらが勝つか分からないと予想されていました。
テレビ中継が始まるとどちらも防御力があってなかなか点数に結び付きません。途中、伊調選手側によるチャレンジで試合が止まる場面がありましたが最後の最後までどちらが勝ってもおかしくない状況でした。残り数秒で伊調選手が川井選手を場外に出しましたが、ルールによりビックポイントを獲っていた川井選手の勝ちとなり試合は終了しました。
一歩も引かないぞという2人の気迫がテレビ画面越しに伝わってくるようなすごい6分間でした。手に汗握る展開というのはこういう事を言うのだなと感じました。
https://xn--d-7euqfnb5bwa2332dz80b264a.xyz/

メニューを閉じる